ULTRAの小橋賢児さんからプロデュース力を学びとる(事前情報一部まとめ)

ULTRAの小橋賢児さんからプロデュース力を学びとる(事前情報一部まとめ)

所属コミュニテイの箕輪編集室で、小橋さんにお話を聞いてきます。

小橋賢児さんとは

小橋さんは

マルチな スタイルで活動。 世界中を旅しながらインスパイアをうけ映画やイベント製作を始める。 Dîner en Blanc、ULTRA JAPANなど海外イベントを日本に紹介しそれぞれのDirectorを務める。2017年、伝統を革新させた 未来型花火エンターテイメント STAR ISLAND も開催し成功を収めた。
引用:小橋賢児 (@KENJI_KOHASHI) | Twitter

小橋:僕自身もよく分からないですが、ひとくくりにするのであればマルチクリエイターが分かりやすいかなと思っています。「ULTRA JAPAN」においてはクリエイティブ・ディレクターですし、イベントプロデューサー、俳優、映画監督などたくさんあるので。 リナ:俳優って表にでる仕事で、イベントプロデューサーって裏方だと思うのですが、共通することは何でしょうか? 小橋:そうですね、「クリエイティブを通して、『気付き』のきっかけを作る」仕事だと思っています。僕としては、そこが全て一貫しているので違和感はないです。

KENJI KOHASHI OFFICIAL WEB SITE http://www.kenji-kohashi.com/JP/Home.html

ULTRA JAPAN - Official Site http://ultrajapan.jp/

多彩!

事前情報

事前にご本人の情報を得ていくと、さらに当日の時間が濃密になります。

<本日の参加目的も明確にしいこうっと。

小橋賢児さんのインタビューが掲載された本が下記です。

小橋さんやHIKAKINさんなどのインタビューに堀江さんが解説文を寄せていらっしゃいます。

『多動力』などで有名な幻冬舎の編集者(当時、双葉社)箕輪さんが編集されました。

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論の、「小橋賢児-自分が違和感を感じる世界から飛び出す」を再読して望みます。

Web記事

「私生活での制約があった、ああいう人と遊んじゃいけないとか。いろんなものがあるのになんで行っちゃいけないの?って。いろんなものを見ていろんな人に会って、それをアウトプットしていくものなのにって。ロボットみたいに生きる毎日が20代前半でした」と、休業に至った理由を語った。  そして、休業中に出会ったのが音楽フェス。俳優では直接見ることができないお客さんの喜ぶ顔を見て「これだ!」と思ったという。その後、「東京ガールズコレクション」にアルバイトスタッフとして参加。 インカムをつけて裏方として働いていると、顔見知りのモデルや女優から「何やってるの?」と声をかけられることもあった。  それでも、地道にイベントの運営にたずさわり約6年。5月には自身が代表をつとめる事務所を開くほどになった。番組が密着したお台場での花火イベントを取り仕切る小橋は、生き生きとした表情だった。   小橋はそのほか、12年に作家・自由人の高橋歩氏の旅に同行して製作した映画「DON’T STOP!」で映画監督デビューも果たしているが、現在は、世界最大級のエレクトロダンスミュージックフェスティバル「ULTRA MUSIC FESTIVAL」の日本版、「ULTRA JAPAN」(9月開催)のクリエイティブ・ディレクターとして忙しい日々を送っている。
引用:朝ドラ俳優・小橋賢児が華麗な転身 TGCアルバイトで「何やってるの?」と言われ… : スポーツ報知

世界最大ミュージックフェスティバル「ULTRA MUSIC FESTIVAL」を2014年に日本に持ってきたことでも有名だと思います。「ULTRA JAPAN」は2015年に9万人を動員し、経済波及効果は95億円にものぼると言われています。 他にも、イベントプロデュースを数多くこなし、ハイファッションブランドから、カフェのリリースパーティーまでマルチに、仕掛け作りをしています。
引用:波及効果は95億円!「ULTRA JAPAN」クリエイティブ・ディレクター 小橋賢児 に聞くイベントにおける仕掛けづくりとは |石井リナ(連載20) – kakeru(かける)

小橋:僕自身もよく分からないですが、ひとくくりにするのであればマルチクリエイターが分かりやすいかなと思っています。「ULTRA JAPAN」においてはクリエイティブ・ディレクターですし、イベントプロデューサー、俳優、映画監督などたくさんあるので。 リナ:俳優って表にでる仕事で、イベントプロデューサーって裏方だと思うのですが、共通することは何でしょうか? 小橋:そうですね、「クリエイティブを通して、『気付き』のきっかけを作る」仕事だと思っています。僕としては、そこが全て一貫しているので違和感はないです。
引用:波及効果は95億円!「ULTRA JAPAN」クリエイティブ・ディレクター 小橋賢児 に聞くイベントにおける仕掛けづくりとは |石井リナ(連載20) – kakeru(かける)

Youtubeもフリーで解禁しましたし、当日の様子も生中継しました。
引用:波及効果は95億円!「ULTRA JAPAN」クリエイティブ・ディレクター 小橋賢児 に聞くイベントにおける仕掛けづくりとは |石井リナ(連載20) – kakeru(かける)

ULTRAのSNS運用

Facebookは、中心に音楽ファンがいることを前提した程度を考えたコミュニケーション、Twitterはユーザーの声も時にはリツイートしながら、カジュアルなコミュニケーション、Instagramはビジュアルを重要視したコミュニケーション、LINEはフランクで友達に話しかける様なテイストで運用しています。
引用:波及効果は95億円!「ULTRA JAPAN」クリエイティブ・ディレクター 小橋賢児 に聞くイベントにおける仕掛けづくりとは |石井リナ(連載20) – kakeru(かける)

来てくれるお客さんが「楽しい」「カワイイ」「美しい」って思って自らシェアするようなポイントをいくつも用意するように心がけています。また、入り口からの導線にも気を使って、ここで期待値あがったら、その次はこれを用意しようとかって線で考えることもしています。
引用:波及効果は95億円!「ULTRA JAPAN」クリエイティブ・ディレクター 小橋賢児 に聞くイベントにおける仕掛けづくりとは |石井リナ(連載20) – kakeru(かける)

小橋の考えはこうだ。「そもそも伝統を作った人は、その時代に全力を注いでイノベーションしてクリエーションしたのではないか。だから今伝統になるまで残っている。伝統を同じ形で守るだけで、今の世代から見てただの古いものになってしまったら、本質的には守っているとは言えない。今の若者でも興奮するものならファンになる。ファンになれば、残していこうと思えるはず」「花火というイベントを作り上げた人たちの思いを継承するならば、今の時代の新たな才能を掛け合わせて新しいものを作ろう」
引用:小橋賢児 新型花火大会で狙う「全身の毛穴が開くような」体験― スポニチ Sponichi Annex 芸能

しばらく俳優業から遠ざかっていた小橋賢児(近年はイベントプロデュース業で活躍)が「俳優を辞めてから、お金も無くなったり、体を壊して死の淵をさまよったりしました。一歩間違えたら自分も加害者のようになったかもしれないと他人事ではなく感じるようになりました」と口にしたのをはじめ、キャスト皆が自分の身に引き寄せて考えたというのがわかる切実な映画だ。
引用:小橋賢児、俳優を辞めてから「死の淵をさまよったりした」 - シネマトゥデイ

まとめ

ワクワクします!

小橋さんはさまざまなご苦労や大成功をされているので、 お役にたつ話を拝聴できるかと。

クローズなイベントですので、 当日は下記Twitter等で、実況して、ご共有していく予定です。

ツイッター下記から1秒でフォローできます。

https://mobile.twitter.com/432jun1

最近の投稿

More

よく読まれている記事

シェアしていただくと、有益な情報があなたの記憶に残りやすくなります。 短期記憶の単純記憶から長期記憶のエピソード記憶になるからです。

COMMENT ON FACEBOOK