出たばかりの『モチベーション革命』のはじめにが無料公開!

な、な、なんと! 先ほど 書評を書いたばかりの本、 モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book) はじめにが早速公開されています。

新刊『モチベーション革命』は、隔絶した世代間の誤解を解き放ち、自分をアップデートできる全世代の必読書だ

出世するために残業する気は起こらないけれど、好きな友達と、お気に入りのアイドルのライブを助けるボランティアスタッフとしてなら、朝まで働ける。そんな気持ちになったことはないでしょうか? そんな新しいモチベーションを持つ「乾けない世代」が、これからは世の中の中心になっていきます。 ダーウィンは、「生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである」という有名な言葉を残しました。社会とテクノロジーが進化しても、人間の身体の形はほとんど変わっていません。 しかし、その人間を動かすガソリンである、モチベーションの形というのは革命的に変わってきているのです。モチベーションの変化は目に見えないものですが、この「モチベーション革命」を正確に捉えられなければ、自分をドライブできないし、チームとしても仕事と人を上手く動かすことはできません。 本書は未だに誰も言語化できていない「モチベーション革命」の全貌を把握するために生まれた本です。 第1章では、旧来の「乾いている世代」と比較しながらこれからの希望の星である「乾けない世代」がいかなるモチベーションで仕事に向かい、人生を生きているか、明らかにします。 第2章では、これからの世の中の変化を描きながら、「乾けない世代」のモチベーションのあり方が、いかに時代に求められていくかを提示します。 第3章では、この「乾けない世代」をどう掛け算していくことが、組織として、大事になっていくか、マネジメントの観点から論じます。 そして第4章では「個人」として、いかに生きていくかを私自身のライフスタイルを紹介しながら考えていきます。 本書を通して、「乾けない世代」のみなさんが、自分のモチベーションを客観的に理解し、人生を迷いなく生きられるようになればこれほど嬉しいことはありません。 しかし、世の中を良い方向に変えていくには「乾けない世代」だけでは、足りないのも事実です。 彼ら、彼女らを生かすも殺すも、その上の世代が、「宇宙人」のように見える彼ら、彼女らといかに共存・コラボレーションしていくかにかかっています。なぜ残業しない? なぜ会社をすぐ辞める? など、理解不能に見える日常の行動にもしっかりとした彼ら、彼女らの言い分がある。 上の世代の読者には「乾けない世代」の取り扱い説明書として読んでいただけたらと思います。そして、「乾けない世代」をより理解し、活かしていただきたいです。時代に合った強い組織を作るためには「乾けない世代」といかにコラボレーションしていくかが鍵を握ります。 AIの時代になって、合理的、作業的なことは、もはや人間がコンピューターに勝つことはできなくなりました。しかし、「なぜか自分だけが頑張る意味が持てるもの」。 つまり偏った愛、偏愛によるモチベーションは、人間にしかないものです。「乾けない世代」が持つ変化した「モチベーションの正体」を正しく理解し、扱うことこそが、この世の中を動かす、最大の武器になっていくと僕は確信しています。
引用:モチベーション革命 はじめに無料公開 | 箕輪編集室・公式 | note

https://note.mu/met2017

けっこう、本ってはじめにを読んでから決めたい時がありますよね。

ただ、それをネットで公開しているのって少ない。

そういう意味では、面白い試み。 もっと広がってくれると良いな。

とかいいいつつはじめにも見ず、即本を買ってしまって本買い過ぎ破産しそうな清水淳一でした!

ツイッター下記から1秒でフォローできます。

https://mobile.twitter.com/432jun1

最近の投稿

More

よく読まれている記事

シェアしていただくと、有益な情報があなたの記憶に残りやすくなります。 短期記憶の単純記憶から長期記憶のエピソード記憶になるからです。

COMMENT ON FACEBOOK