ドキドキ速すぎ!?超緊張することで有名だったチキン野郎の私がほとんど緊張しなくなった今すぐ簡単に無料でできる直前でできる3つの最強の鉄則とは!?

私、緊張がひどい赤面症でした。緊張でお腹は痛くなる。ガタガタ震える。声は震える。頭痛がひどい。心臓の鼓動きこえる。あげくのはてに逃げる。そんなやつでした。   ただ、今はほとんど緊張しません。女性に連絡先をきくときは緊張します。 直前の緊張の取り方を3つだけ。 ・考え方を変える。緊張してもokと思うこと。 ・視点を変える。まずは目の前のことに集中すること。 ・体を変える。息をはいたり、体をなるべく動かすこと。手を使うのもいい。笑顔もその一種。 緊張してはいけないと思って緊張するとそのずれが気になります。緊張したほうが真剣に見えることもあります。緊張してはいけないと思うとさらに緊張していく。真剣だから緊張するかもしれません。緊張しても意外と人はわかってないかも。 余計なことは考えない。人は考えるとネガティブな思考になります。それは&ファーストと言うノーベル賞とられた方が書いた本にも詳しく記載されたいます。 余計なことを考えないためには、目の前のことに注視していく。いい質問を自分に投げかける。 緊張してるときは同時に体が固まってます。なので、体をゆるめる。簡単なのは 息を吐くこと。それでゆるまります。リラックスする副交感神経が働くので。なるべくゆっくり吐いてください。肩甲骨を回したり、手を振るのもおすすめ。ゆる体操やストレッチもおすすめです。また紹介します。お腹を凹ますのも有効。 ぜひ、お試しください! ありがとうございます。またお越しください。  

ツイッター下記から1秒でフォローできます。

https://mobile.twitter.com/432jun1

最近の投稿

More

よく読まれている記事

シェアしていただくと、有益な情報があなたの記憶に残りやすくなります。 短期記憶の単純記憶から長期記憶のエピソード記憶になるからです。

コメントお待ちしております。

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK