文豪挫折

文豪は旅館にカンヅメになり執筆をした。そうよく聞きます。

作家の石森章太郎さんの トキワ荘の青春―ぼくの漫画修行時代 (講談社文庫)にもこうあります。 「カンヅメ。

 缶詰、ではない。館詰め、と書く。  〆切に間に合いそうもなくなった作家を、旅館に閉じ込めて描かせる、という意味である。」 と出てくるほど。

ただその目的は『執筆活動の専念』は名目で、
他出版社に作家を取られないようにしたのが本当の目的だそう。

気分は文豪

さて、先日、私清水もコワーキングスペースにいったとき、和室がありました。扉をしめると旅館のようになり気分は文豪に。

しかし!


文豪のすごさを実感しました。。。

PS

夏目漱石、森鴎外…文豪が愛した温泉宿を紹介 @jalannet https://www.jalan.net/news/article/11443/

歴史を感じる!文化財の名旅館 文豪が愛した旅館|ここが自慢!の旅館を楽しむ JTB https://dom.jtb.co.jp/yado/theme/ryokan/culture.asp

いつか泊まりたい。

参考文献

ツイッター下記から1秒でフォローできます。

https://mobile.twitter.com/432jun1
シェアしていただくと、有益な情報があなたの記憶に残りやすくなります。 短期記憶の単純記憶から長期記憶のエピソード記憶になるからです。

COMMENT ON FACEBOOK