【BIに賛成?反対?AIに評価されたいですか?】読書会感想

BIはベーシックインカムです。 ベーシックインカムとは、生活保障。政府が国民の生活を保障するため、年齢・性別等に関係なく、一律で現金もしくは類似のものを給付する仕組みのことです 。

お金、全員にあげるよー!と思えばいいですかね。

友人の佐藤 琢也 さとたくさん主催の読書会(波頭『AIとBI』幻冬舎をテーマ)に参加してきました。 下記レポートと感想です。

1 内容共有 「NewPicks Bookと連動した読書会企画。 アカデミア書籍の『AIとBIはいかに人間を変えるのか』(波頭亮 (著))を題材に、書籍から得た気付きをシェアし、多様な視点を取り入れ、明日からの自分の行動に生かすことを目的」としているそう。

会社の会議室を借りて、ディスカッションテーマは事前に用意。 小グループに分かれてディスカッション、 代表者が全体に共有。 それを3回ほど繰り返しました。 自己紹介やオススメ本の紹介も。 ありました。

執筆も担当されたKana Yamamotoさん(お久しぶりです)もいらっしゃって、執筆の裏話も拝聴できました。

論点としては、分配制度や労働観の話があがりました。

2 感想 AIとBIを 真剣に考えるきっかけになりました。

私は AI &BI推進派です。が、逆の視点からも考えられますし、課題についても違う視点から考えることができるのが読書会の効用。

大学時代の部活(国際問題を研究)を思い出しました。 真面目なテーマで議論し発表し合う毎日でした。 (国連本部で意見交換もしました)

参加者は ニューズピックス(経済ニュースメディア)のメンバーが多数。税理士さんやエンジニアさんなど様々な視点からの議論、また関連書籍を読んだメンバーのため議論が深くて楽しいんです。  

読書会は ・仲良くなりやすい ・アウトプットができる ・本をじっくり読める 

などのメリットがあります。

特徴とは発表が多く、表現力を伸ばすことができます。

私も読書会の主催、 読書会主催者をつくる試みをしています。

読書会主催メンバーで集まってみたい。 既存の読書会には課題感を感じてますので変えたいなと思っているからです。 ぜひ主催者や希望者、お声かけください。

この会は定期開催しているそう。

ご興味ある方は参加してみてください。

読んでいただきありがとうございます😁

課題図書 https://amzn.to/2uzE33z

ツイッター下記から1秒でフォローできます。

https://mobile.twitter.com/432jun1
シェアしていただくと、有益な情報があなたの記憶に残りやすくなります。 短期記憶の単純記憶から長期記憶のエピソード記憶になるからです。

コメントお待ちしております。

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK