やりたいことができていないなら、小さくてもいいからまずは歩いてみよう

やりたいことがあるのにやれていない。。 やるべきことが、できていない。。   そんなこと、 ありますか?   留学したいのに、忙しく英語の勉強ができていない。 ダイエットしたいのに、口だけで何もしていない。 社内で人事改革をしたいのに、何からやるべきかわからない。   まさしく今の私もそう。 ブログで伝えたい想いがある。 やりたいことは山ほどある。 けれども、気が焦るだけで、なかなかできていない。 記事を書けていない。 最初はいいものにしたい。 何から伝えるべきなのだろう。 書いては消し、書いては消し。 悩む。 時は残酷に過ぎていく。   上記を見てもうお気づきになられたかもしれません。   原因の一つは考えすぎにあります。 その真因は、完璧主義、結果を気にしすぎているか。     考え込んで動けない過去の私に、 今の私なら、このように語りかけます。  
最初の一歩は、小さな小さな1歩でいい。
試すと言う位の気持ちで。
結果は気にせず。
いくらでも修正が効く。
0と0.1は、大違いだから。
と。 認知と行動を変えます。   うんうん悩む。 やりたいことの優先順位に迷う。 その時間があるなら、 まずは一歩を踏み出す。 一歩を踏み出すことで、世界は変わるかもしれない。 踏み出すことで足跡が残る。 動くことでデータや反応がわかる。 どんな大きな事もまずは一歩から。   物理の法則から行ってもまずは始める時が1番エネルギーが必要。 車のエンジンを一番食うのは動かす時。 考え込むのはブレーキをかける行為。 まずは、ブレーキを外して、少し走る。 止まると動くは全く違う。   カトーバ大学の心理学者のレジンガー博士はいいます。
「『何事も完璧でなくてはならないと考える人は、 総じていろいろな行動、無意味に先送りしてしまうことが多い。」
著作を多数出されている精神科医のゆうきゆうさんも、 『やりたいことを次々と実現する人の心理術』   で、
大切なのは、100点を目指さないこと。」 「大切なのは、5点でも10点でもいいから、とにかくその道を進んでみること」
とおっしゃいます。 やればよかった。 このような思いを私は何度もしてきました。 もう言うのはもうごめんです。 やりたいことをやれている人生、やりたいことをやれなかった人生、 どちらを選びますか? 私は前者を選びとります。 もし、やりたいことがあっても踏み出せていない。 そうでしたら、 ぜひ今すぐできる小さな小さな一歩を踏み出されると、何か変わるかもしれません。 私は変わりました。 私も小さな1歩でも前に進んでいきます。 人間の本能からしても最初の一歩は小さいほうがいい。 このこともまたお話できれば。 本ブログは一歩一歩進んでいくブログです。 これからご一緒できれば嬉しいです。   また遊びに来てください。 どうもありがとうございます。

ツイッター下記から1秒でフォローできます。

https://mobile.twitter.com/432jun1

最近の投稿

More

よく読まれている記事

シェアしていただくと、有益な情報があなたの記憶に残りやすくなります。 短期記憶の単純記憶から長期記憶のエピソード記憶になるからです。

コメントお待ちしております。

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK